ゴルフクラブの保管方法は?よく保管しがちなあの場所はNG!

収納のお役立ち情報

 

ゴルフクラブの保管方法って悩みませんか?

 

保管方法を間違えると

ゴルフクラブが短命になってしまう

可能性が高いです

 

なのでせっかく買ったからできるだけ

長持ちさせたい!と考えてる場合は特に必見です。

 

そこで今回は適切な保管方法と、

よくやりがちな間違った保管方法を

紹介していきたいと思います!

 

ゴルフクラブの保管に悩んでいるあなたは

ぜひ1度読んでみて下さいね。

 

ゴルフクラブの適切な保管方法

ゴルフクラブの適切な保管方法

ゴルフクラブは使った後に

きちんとお手入れをしてから

保管しておくのがベストです。

 

汚れを放置したままで保管すると錆びてしまいます。

 

そのため、道具を長持ちさせるためにも

使った後にはお手入れするのがいいです。

 

ゴルフクラブのお手入れ方法

ヘッドは水洗いします。

また、グリップは中性洗剤で洗いましょう。

 

水洗い後は乾いた布できちんと拭いてから乾かしましょう。

 

特に軟鉄、チタン、ステンレス、アルミニウム合金などの

素材でできたものは水分が残ったままで

保管してしまうと錆びの原因になってしまいます。

 

きちんと風通しのいい場所で

乾かしてから保管するのが大事です。

 

どんな場所で保管するのがベスト?

ゴルフクラブをどんな場所で保管すればいいか

ゴルフクラブを保管する場所として

適していない環境はこちらになります。

 

ゴルフクラブの保管に適していない場所
  • ジメジメしてなくて風通しのいい場所
  • 温度差が激しい場所はNG
  • 気温が高すぎる場所もNG
  • 直射日光が当たる場所もNG

 

つまり、

温度差があまりない場所、湿度が高くならない場所

がゴルフクラブの保管に適しているんですね。

 

という理由で可能であれば、

室内の風通しのいい部屋に

保管しておくのがゴルフクラブにとっては

理想の環境と言えます。

 

直射日光を避ける場合はクローゼットの中に

収納するのが一番オススメかなと思います。

 

クローゼットの中に保管する場合は

定期的中を換気してあげるといいでしょう。

 

ゴルフクラブの保管場所でよくある間違い

車に積みっぱなしはNG

ゴルフクラブを車に積みっぱなしはNG

ゴルフクラブは常に車に積みっぱなしにしているよ~

という人は珍しくありませんよね!

 

いちいち持ち運びをしなくていいので

つみっぱなしが楽ではあるんですが。。

 

でも上記でゴルフクラブの保管場所には

温度差があまりない場所

湿度が高くならない場所

がゴルフクラブには適していると紹介しました。

 

ですが車の中は

  • 温度差が激しい
  • 夏場は80度近くまで高温になる
  • 昼と夜とでは温度差が激しくなる

といった感じでゴルフクラブには

全く適していない環境なんですね。。

 

また、高級なゴルフクラブを

車に積みっぱなしにしていると

車上荒らしにあう可能性も高くなります。

 

そういったリスクもあるので

車中に積みっぱなしにしておくことは

便利ではありますがおすすめしません…!

 

外物置などもゴルフクラブの収納に適していない
外物置はゴルフクラブの収納に適していない

また、同様の理由で

屋外の物置に置いたりするのも

ゴルフクラブにとっては大敵なんです。

 

そのためできれば温度変化がそこまでない、

湿度があまり高くない室内で

保管するのが一番安心です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました